総量規制外のキャッシング:銀行系カードローン

総量規制という法律は、貸金業者に対して「貸しすぎ」を規制するために2010年6月に制定された法律です。
これにより、多重債務や自己破産などの借金問題に悩む人の数は減少しましたが、お金を借りたい人が借りられないという状況ができてしまったことも事実です。
特に専業主婦のように家計を預かる人の場合、お金が足りない時にどこからもお金を借りられないというのでは、大変困ったことになりますよね。
このような場合に利用できるのが、銀行系カードローンの存在です。
銀行系カードローンは総量規制外のキャッシングであり、消費者金融のキャッシングとは異なり、収入のない人でも利用することが可能です。
申し込みはインターネットや郵送などでも受け付けてることが多いのですが、一番のおすすめは銀行内のキャッシング申込み専用のATMを利用する方法です。
この方法がオススメなのは、なんといっても即日利用が可能になるという大きなメリットがあるからです。
申し込みから審査、契約、ローンカード発行までのすべての手続きが1時間程度で完了します。
ローンカードが発行されれば、その後はそのカードを使ってキャッシングをすることが可能となりますので、急ぎの場合でも安心ですね。
また、申込みの際の必要書類も原則として身分証明書のみなので、この点も便利です。
このような総量規制外の銀行系カードローンの存在を知っていれば、専業主婦のような収入のない人でもお金のピンチから救われることがありますので、知識として是非覚えておきましょう。