キャッシングの審査とブラックリストの存在

キャッシングを申し込む時には、もちろん審査が行われます。その人が返済可能であるのかをチェックするのが目的です。もちろんこの場合は、収入のあるなしが重視されますが、それと同じくらいか、あるいはそれ以上に重視されるものがあります。それはブラックリストの存在です。
ブラックリストという言葉を聞いたこと、あるいは見たことのある人は多いでしょう。とはいっても、別にそのようなリストが実際に存在するわけではありません。キャッシングやカードローンでお金を借りたり、クレジットカードを利用したりした時に、支払を期日までに支払わない、いわゆる延滞状況が3か月以上続くと、事故情報という形で個人の信用情報に記録されます。この事故情報のことを俗にブラックリスト、またはブラック情報と呼ぶわけで、この情報があると、新規にキャッシングをしたり、クレジットカードを作ったりする時に、審査に通るのが困難になります。この情報は5年間記録されます。それ以外にも、債務整理を行った場合も事故情報となり、やはりお金を借り入れたり、カードを作ったりするのが難しく、場合によってはほぼ不可能になったりします。債務整理の場合は、任意整理は5年間、自己破産は7年間事故情報が記録されます。
定収入があるのにキャッシングの審査になかなか通らないという人は、自分の信用情報に、このブラックリストの存在があるかどうかを確かめてみるといいでしょう。信用情報の機関は3つあり、それぞれが有料ではありますが、本人に限り信用情報を閲覧させてくれます。