銀行系キャッシングのメリットについてご紹介

銀行系でのキャッシングとなると、消費者金融などとは違って審査が厳しいというイメージがあり、煩わしいという感じる人も多いですが、しかしそれを補って余りあるほどのメリットが存在します。まず、キャッシング額に関してです。消費者金融などの貸金業者は、個人への過大な貸付を防ぐために総量規制が導入されています。これは貸出額を年収の3分の1以内までとするというものです。しかし、銀行系には総量規制がありませんので、年収の3分の1という縛りはありません。次に、金利です。一般的に消費者金融は高めの金利が設定されており、利息制限法の上限一杯で設定されていることが多いです。しかし、銀行系ではそれらよりも数%以上低めの金利が設定されています。借りる金額によっても異なりますが、年間で数万円の違いが出てくることもあります。また、銀行系ですので、銀行のATM利用手数料はもちろんですが、コンビニATM手数料も無料となっています。これが消費者金融ですと別途時間外手数料などを徴収されることがあります。わずか数百円のこととはいえ、借り入れはもちろん、毎月の返済の際に利用するとなれば、積み重なって無視できない金額になっていきます。そして、銀行系ということで安心で安全というイメージがあるのも魅力です。ちなみに、最初に審査が厳しいと述べましたが、それは事実ですが、以前のように堅苦しく考えることはありません。キャッシング程度でしたら審査もすばやく、翌日中には回答をもらえることが大半です。このように多くのメリットが存在するので、後はHPで自分の希望に合うキャッシング額と金利を提示しているところを探せば間違いないです。